~竪琴ライア・自然農・ライトワーク~ 天のしらべ奏で 星のめぐみに抱かれ 光あふれる人へと・・今。

Blessing Room  八木真由美

     
  • img01
  • img02
  • img03
  • img04

自然農

自然農は耕さず 虫や草を敵とせず 持ち込まず持ち出さず 自然のいとなみに沿った農です。
いのちあふれる田畑に立ちて手作業ですこやかな作物を育てます。

【自然農たのしい稲作教室・岡山県倉敷市】

自然農に関心をお持ちで、一年間集中して稲作を学ばれたい方を対象にしています。耕さず、虫や草草を敵にせず、持ち込まず、持ち出さず、稲の成長とともに自然の理を感じながら、感性豊かに、自然の恵みをいただき、さらにすこやかな日々へと歩むことを目的としています。 八木真由美

【教室の期間と日程】

1月から12月の一年間です。
毎月一回、日曜日を予定しています。
作業内容によって月に二回のこともあります。

【場所】

岡山県倉敷市、耕さず14年目の自然農田です。

【内容】
・自然農の四季折々の稲作作業を学びます。
・自然の理、自然にそった生き方を見つめ、日々に生かしてゆきます。
・自然の恵みを喜びとともにいただきます。
・共同作業と自立した学びの両方を考えています。
・「田んぼでの作業」と「言葉を通しての学び」も大切にしてゆきます。

【準備していただくもの】

のこぎり鎌・スコップ・クワなど。
川口由一さん監修「自然農の米づくり」創森社。

【手作業の道具】

収穫時には、足踏み式脱穀機・とうみ・籾摺り精米機などを使います。
それらは、こちらで準備したものを共同で使っていただきます。

【栽培について】
栽培していただきますのは、水稲「あけぼの」です。
自然農で栽培したお米を種籾にしています。
お一人あたり約0.4畝のスペースになります。
実ったお米はすべてお持ち帰りいただきます。

【募集人数と条件】

定員10名。
一年間通して参加できる方。 農業の経験はなくても大丈夫です。
2017年度はお申し込みが定員に達しました。(11/20)

◎次期2018年度の募集は、今秋9月となります。
こちらのページにてご案内をさせていただく予定です。

【その他】

参加者のみなさんとの交流も楽しんでゆきたいと思っています。 自然農を学びたい、自給自足をめざしているなど、関心をお持ちの方はぜひ気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ・お申し込み】
メッセージを添えて、こちらからお問い合わせください。
返信メールが届かない場合は、迷惑フォルダーなどをご確認くださいませ。

【自然農稲作教室ブログ】
こちらから ご覧いただけます。


         ✤ これまでの歩み ✤   八木真由美
1997年 自然農にであい「自然農学びの会おかやま」を始める。
1998年~2003年 倉敷の田んぼで6年間、稲作の共同作業と友人たちと学びの場を運営。
2004年~2006年 一人で稲作に取り組む。
2010年~2012年 友人の田んぼで稲作を楽しませていただく。
2010年~現在「あまつちひと自然農のつどい」スタッフ、月に一度の学びを継続中。
2013年~現在 自給用のお米を栽培。
2014年~現在 稲作教室開催。

1997年~2006年 自然農実践家の川口由一さんをお迎えして、自然農川口由一1995年の記録映画の上映会、田畑での勉強会、言葉を通しての学びを倉敷にて開催。

2003年~2010年 自然農合宿会奈良・福岡、自然農全国実践者のつどい・東京・岐阜・奈良に参加。
2000年~、川口由一さんより漢方の学びをいただく。
2001年~2009年、奈良漢方学習会、福岡漢方学習会集中講座などに参加。
2015年より、自宅にて「地球を生きる・いのちの講座」を開催しています。 

画像:川口さんの田んぼ

写真は自然農の師
川口由一さんの田んぼを訪れて。

川口由一さん主宰
赤目自然農塾HP
「気楽に自然農」

画像:自然農畑

自然農 岡山 ブログ
稲作教室の活動や畑の様子などを更新中。 八木

あまつちひと自然農のつどい 岡山県加賀郡吉備中央町にて自然農の学びを行っています。詳細は私のブログより発信中です。八木

自然農  川口由一の世界
川口さんのご講話・田畑訪問記・芸術について・川口さんの絵画作品等も掲載させていただいています。八木

気楽に自然農
赤目自然農塾のHPです。
様々な情報が発信されています。
By岩住洋治さん

 自然農・いのちのことわり
赤目自然農塾・田畑における具体的問題と解決のHPです。
Byさとうみかこさん